雨樋工事

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

雨樋工事

雨樋とは?

雨を軒先で受けとめ、適切に地面に流すための筒状のものです。屋根に隠れて目立たない部分ですが、この雨樋が草や虫の死骸などでつまったり雑草が生えてきたりすると、意外な被害をもたらします。

行き場を失った雨水が滴り跳ね返りで外壁を汚す、適切でない箇所に水がしみこみ雨漏りが起こる、など。目立たなくても住まいを守る大切な部分、それが雨樋です。


施主様独自で取り換えされるケースがありますが、うまくいかず二度手間になり結果的にコストがかかる場合が多いようです。
信頼と実績の朝明板金にお任せください!!



よくある問題点


問題点1

雨樋は、年数が経つとサビて穴があいたり、破損したりして樋が垂れ下がり、雨水が樋を流れず漏れ出す恐れがあります。 またサビの場合は、屋根にサビがうつることもあります。 そうなる前に一度、ご相談ください。


問題点2

落ち葉が雨樋につまり、雨水の流れを止まってしまうことがあります。定期的に雨樋の掃除が必要です。又、落ち葉よけネットを張ることにより軒樋に落ち葉が溜まるなどのトラブルを防げます。

※落ち葉などによる掃除だけでも伺います。


問題点3

屋根の面積に比べて軒樋の大きさ、竪樋の大きさ、それに集水器(樋の落とし口)の数が少ない等の理由から雨水が樋の外に流れ出すことがあります。集水器の増設や、軒樋と竪樋をもっと排水量の大きな雨樋に変える必要があります。


長年の使用で雨樋の受け金具の劣化、雪害による破損、樋の割れなどの場合は部分的に取替え、もしくは架け替えが必要になります。
修理や取替え工事は使用する商品や工事内容により違いがありますので価格に関しては問い合わせください。

雨樋チェック

破損していませんか?

色あせていませんか?

雨水があふれていませんか?

受け金具がさびていませんか?

ひとつでも相当する場合は、朝明板金までご相談ください。
もちろん相談費用、お見積りは無料です。

矢印